利用価値の高い飲料

コーヒー

満足度を向上させる

日本は自販機大国といわれているように、飲料を市街地で見つけるのは容易です。そのような生活に慣れているので、自販機が見つからない場合、不便に感じてしまいます。オフィスなどの職場内でも同様で、休憩室では会話を促進する道具のひとつとして、または喫煙代わりの気分転換など、福利厚生の一環で設置する企業が多いのも特徴です。オフィスだけではなく、店舗の入口付近に設置する場合には、お客の満足度を向上させる道具としても利用できます。居酒屋や飲食店であれば、お会計後に外に出てから、自販機で飲料を購入する姿を見かけたり、実際に利用した経験のある人も多いはずです。このように、口直しや酔い覚ましのために、飲料が必要とされるシーンは多々あります。欲しいときにすぐ入手できる配慮で、全体的な満足度に影響してくるのも特徴です。

衛生面にも注意を

自販機を設置する際には、ゴミ処理と補充を行ってもらえる、利益の薄めなオペレーションが多く選択されています。利益を重視する場合には、自販機のリースまたは購入を選択して設置した後、すべて自前で行うオペレーションです。後者の場合に注意するべき点は、ゴミ箱のメンテナンスをきちんと行い、清潔に保つことです。ただし、外に設置する場合には、関係のないゴミも捨てられてしまいます。どちらのオペレーションであっても、こまめにチェックする注意が必要といえるでしょう。汚れやニオイの原因となり、さらには害虫が発生するなど、お店のイメージを損なう可能性が大きいからです。自前で行う場合の品ぞろえについては、自由に選択できるのでオーナーの手腕にかかっています。しかし、飲料にも旬があるので、コンビニの品ぞろえを参考にするなど、不良在庫を抱えないように注意するべきです。